タトゥーの除去って切除縫合が一番良いの?切除縫合のメリットとデメリット

若いころにファッション感覚で入れてしまったタトゥーに大人になってから悩まされる事は多くあります。
除去をしたいと思っても、一体どんな事をするのか不安になってしまいますね。
タトゥーの除去で一番ポピュラーな切除縫合について簡単に説明します。

切除縫合によるタトゥー除去とは

切除縫合とは、タトゥーの入っている部分の皮膚を切り取り、切り取った部分を縫い合わせてタトゥーを消す方法です。
部分麻酔を使用しての手術なので痛みもあまり無い事と、レーザー除去よりも早く終わるのが特徴です。
小さいものなら2回程度で除去が終わる最も効果的な方法です。

切除縫合のメリットとデメリット

タトゥーを除去する方法はいくつかあります。
どの除去方法にもメリットとデメリットがあるので、よく考えて方法を選ぶ必要があります。

切除縫合のメリット

切除縫合よるタトゥー除去のメリットは、タトゥーをちゃんと消す事が出来る事です。
レーザー除去は、タトゥーを消すというよりも薄くして目立たなくする方法です。
色やタトゥーの絵柄次第ではレーザーでは除去出来ない事も多くあります。
切除縫合ならば、タトゥーを消す事が出来るしある程度の絵柄なら問題無く除去出来ます。
また、レーザー除去よりもかかる時間も短い事が特徴です。

切除縫合のデメリット

切除縫合は皮膚を切り取ってしまい、縫い合わせる方法です。
その為に切除した後は傷跡が残ってしまいます。
皮膚を伸ばして縫い合わせる事から手術後に痛みやひきつりが起こる事もあります。
タトゥーのサイズや場所次第では何度も切除縫合を行う必要もあり体や費用の負担も大きくなります。